「 WordPress 」一覧


WordPressプラグインAutoptimizeと埋め込みGoogleトレンドの相性の悪さ

「Autoptimize」は非常に便利なWordPressプラグインで、簡単にブログの表示を高速化してくれます。読み込まれる複数のCSSとJavaScriptファイルをまとめ、さらにJavaScriptファイルの読み込みを遅らせる(scriptタグをHTMLソースの下部に配置)ことでレンダリングのブロックを回避する機能が強力です。

しかしながら、この機能はJavaScriptの読み込み位置を強制的に変更するものですので、動作しなくなるツールもあったりします。そのうちのひとつがGoogleトレンドです。

Autoptimizeのこの機能を使っていると、Googleトレンド埋め込み用のコードを貼り付けても何も表示されません。そこで、Autoptimize側でGoogleトレンドのコードを無視する設定を行いました。

続きを読む


Simplicity2のAMPページにおけるAnalytics設定について

amp-pixel

WordPressテーマ「Simplicity2」のAMP機能を有効化し、かつ、Google Analyticsの設定をテーマカスタマイザーで行っている場合、自動でAMPページにもAnalyticsのコードが設置されます。

AMPページでAnalyticsを利用するためには、amp-pixelタグを使う方法とamp-analyticsタグを使う方法の2種類がありますが、Simplicity2ではamp-pixelが使われているようです。

Analyticsに記録されるデータをチェックしてみると、通常のページとAMPページの区別ができない状態になっていたので、これを変更してみました。

続きを読む


WordPressテーマSimplicityを利用してAMPに対応させてみた

KUMALOG AMP

現在利用しているWordPressテーマ「Simplicity2」のバージョン2.4.0がリリースされたのでアップデートしました。

しばらくアップデートをサボっているうちに、テーマそのものにAMPの機能が追加されたようです。プラグインを利用しなくても簡単にAMPに対応させることができるようになっています。

AMPについては「いろいろな制約がある」ということで食わず嫌いをしていました。しかし、よく調べてみるとAMPページでもGoogle AdSenseを利用することができ、Google Analyticsも問題なく使えるということだったので、これを機にこのブログもAMPに対応させることにしました。

続きを読む


WordPressの不要なhead内タグを削除するためのfunctions.php設定

WordPressでは、テーマ側で特段の設定をしていなくてもhead内に追加されるタグがあります。それらのタグの中には、多くの人にとっては必要のないものも含まれています。

そのままにしておいても特に問題はないとはいえ、不要なコードが記述されていると気持ちが悪いので削除することにしました。

続きを読む


WordPressのコメント欄案内文「メールアドレスが公開されることはありません」を変更する

ブログのコメント入力ページでの 「メールアドレスが公開されることはありません。」の変更を試みました。

トピック: [解決済] 「メールアドレスが公開されることはありません」の文言が変更できない « サポートフォーラム — WordPress

WordPressのコメント欄に表示される「メールアドレスが公開されることはありません。」という案内文を変更する方法のメモ。

この案内文はテーマから出力されるものではなく、WordPress本体の翻訳ファイルが基になっています。翻訳ファイルを直接編集することで文言の変更が可能ですが、WordPressの更新すると元に戻ってしまいます。

そのため、functions.phpにgettextフィルタの設定を追加する方法を採ることにしました。

続きを読む


ブログで稼ぐつもりならサーバー借りて独自ドメインを使うべきでしょ

wordpress

ブログで稼ぐ稼ぐ言っている連中は嫌いなのですが、そういった人達のブログを見ていてモヤモヤすることがあるので、このあたりで言っておこうと思います。

ブログで稼ぐつもりなのに何故ブログサービスを利用してるの?アホなの?

アホは言い過ぎでした。すみません。

皆が皆そういうわけではないものの、はてなブログのような外部のブログサービスを利用して「Google AdSense!!Amazonアソシエイト!!バリューコマース!!PV!!PV!!金!!金!!金!!…」と広告収入稼ぎに鼻息を荒くしている人を良く見かけます。

そのようなブログサービスを使うメリットが無いとは言いませんが、後のことを考えると大きなリスクとなることは頭の片隅に置いておくべきだと思います。

続きを読む


WordPressプラグイン「410 for WordPress」で410(Gone)エラーを返す

ウェブサイトやページを削除すると、それ以後のアクセスに対しては自動的に404が返されます。しかしながら、404は単に「見つからない(not found)」ことを意味するにとどまり、「削除された」という意味は含みません。

そのため、ウェブサイトやページを削除した場合には、「削除された」ことを意味している410(Gone)を返すことが理想的です。

.htaccessで410(Gone)を返すようにして「リソースの削除」を明示する

以前、.htaccessを利用して410エラーを返す方法を紹介しましたが、WordPressを使用したサイトで同じことをやろうとするとうまくいかなかったんですよね(WordPress特有のURLリライトの影響?)。

いろいろな方法を探してみたところ、410 for WordPressというプラグインを使うと簡単に410エラーの設定を行うことができました。また、404エラーが発生したページが記録される機能も便利でした。

続きを読む


ブログ(WordPress)のHTTPS移行後にやるべきことリスト

MixHostは、LiteSpeed(Apache・Nginxより高速らしい)を採用しているだけではなく、PHP7やHTTP/2にも対応している先進的なレンタルサーバー。先日このサービスの存在を知りました。ちょうどブログのHTTPS移行を考えていたところだったので、試しに使ってみることにしました。

MixHostへWordPressを移転、HTTP/2・PHP7・LiteSpeed Cacheを試す | KUMALOG

先日、ブログの引っ越し&HTTPSへの移行を済ませました。引っ越し先のMixHostでは自動的に設定が行われるので、何も考えずにHTTPS化が完了。しかし、検索エンジン最適化(SEO)等の観点から色々とやることがありましたので記録しておくことにします。

続きを読む


MixHostへWordPressを移転、HTTP/2・PHP7・LiteSpeed Cacheを試す

mixhost

パワフルで高速なピュアSSDクラウド型レンタルサーバー
高速WebサーバーLiteSpeedを日本で初めて採用
専門知識不要でリソースの増減も自由自在

MixHost – 月額480円からの高速LiteSpeed採用クラウドレンタルサーバー

MixHostは、LiteSpeed(Apache・Nginxより高速らしい)を採用しているだけではなく、PHP7やHTTP/2にも対応している先進的なレンタルサーバー。先日このサービスの存在を知りました。

ちょうどブログのHTTPS移行を考えていたところだったので、試しに使ってみることにしました。

続きを読む