「 Google AdSense 」一覧

AdSense AMP版レスポンシブ広告ユニットの謎

AMPページにおいてGoogle Adsenseを利用するためには、AMP専用の広告コードを使う必要があります。

AMP ページは AMP HTML で作成します。AMP HTML は標準の HTML に似ていますが、パフォーマンスの信頼性に一定の制約があり、リッチ コンテンツを作成できる、簡易 HTML 以上の拡張機能を備えています。そのため、AMP 広告ユニットには通常の AdSense タグとは異なる独自のタグが必要になります。

AMP 広告ユニットを作成する – AdSense ヘルプ

Google AdSenseのヘルプには、AMP広告ユニットのコードについて2つの設定(layout="fixed-height" or layout="responsive")が例示されています。responsiveの設定を行うと通常のレスポンシブ広告と同じ動作をすると思っていたのですが、期待通りに広告が表示されなかったので混乱してしまいました。

続きを読む


Google AdSenseレスポンシブ広告をレクタングルに固定する方法

レスポンシブ広告ユニットはページのレイアウトに合わせてサイズが自動的に調整されるため、さまざまなタイプの端末(PC、携帯電話、タブレットなど)に対応できます。サイトにアクセスしたユーザーがどの端末を使っていても、適切に広告を表示することができます。

レスポンシブ広告ユニットを作成する – AdSense ヘルプ

Google AdSenseのレスポンシブ広告ユニットは、ページのレイアウトに合わせて広告のサイズが自動で調整される優れもの。PC、スマホ、タブレット…どのようなデバイスであっても適切なサイズで表示してくれるので、近年主流となっているレスポンシブデザインには最適です。

しかしながら、取得した広告のコードをそのまま使ってしまうと、レクタングルで表示させたいのに横長の小さな広告が表示されてしまう…といった問題が生じます。

このような問題があるためレスポンシブ広告の使用を控えている人も居ると思いますが、コードを少し変更するだけで広告の形状を指定することができます。

続きを読む


Google AdSenseの表示前に背景が黄色になるのはinsタグが原因

Google AdSenseの広告表示前のスクリーンショット。背景が黄色になっている。

上の画像のように、Google AdSenseが表示される前に背景が黄色(他の色もあり得る)になってしまったことありませんか?

先日ブログのテーマを作っている際にこの現象に遭遇してしまいましたので、その原因と対処法をここに記録しておくことにします。

続きを読む


Bing採用のテキストリンク色(#0044CC)がGoogle AdSenseのクリック率改善に使えるかも

bing

BingのユーザーエクスペリエンスマネージャーであるPaul Ray氏は米国時間3月16日、複数の色合いの中から特定の青色(色に詳しい人のために紹介しておくと、「#0044CC」)を選ぶことで、広告クリック数の増加やユーザー関与の増大により、年間売上高が8000万ドル増加したという。

「Bing」の検索リンクが青い理由–マイクロソフトが配色決定の裏側を説明 – インターネット – ZDNet Japan

続きを読む


Google AdSenseのフィルタ掃除に使える『リンク切れチェックアシスト』

リンク切れチェックアシスト

Google AdSenseを利用しているウェブサイトやブログの運営者なら、誰もが悩むゴミ広告の問題。見つけ次第フィルタ送りにしていたりすると、すぐにフィルタの上限200に到達してしまいます。

そんなときに便利なのが『リンク切れチェックアシスト』。このツールは、テキストファイルにしたフィルタのリストをアップロードすると、死亡しているURLを簡単にチェックすることができます。

続きを読む