「 AMP 」一覧

Simplicity2のAMPページにおけるAnalytics設定について

amp-pixel

WordPressテーマ「Simplicity2」のAMP機能を有効化し、かつ、Google Analyticsの設定をテーマカスタマイザーで行っている場合、自動でAMPページにもAnalyticsのコードが設置されます。

AMPページでAnalyticsを利用するためには、amp-pixelタグを使う方法とamp-analyticsタグを使う方法の2種類がありますが、Simplicity2ではamp-pixelが使われているようです。

Analyticsに記録されるデータをチェックしてみると、通常のページとAMPページの区別ができない状態になっていたので、これを変更してみました。

続きを読む


AdSense AMP版レスポンシブ広告ユニットの謎

AMPページにおいてGoogle Adsenseを利用するためには、AMP専用の広告コードを使う必要があります。

AMP ページは AMP HTML で作成します。AMP HTML は標準の HTML に似ていますが、パフォーマンスの信頼性に一定の制約があり、リッチ コンテンツを作成できる、簡易 HTML 以上の拡張機能を備えています。そのため、AMP 広告ユニットには通常の AdSense タグとは異なる独自のタグが必要になります。

AMP 広告ユニットを作成する – AdSense ヘルプ

Google AdSenseのヘルプには、AMP広告ユニットのコードについて2つの設定(layout="fixed-height" or layout="responsive")が例示されています。responsiveの設定を行うと通常のレスポンシブ広告と同じ動作をすると思っていたのですが、期待通りに広告が表示されなかったので混乱してしまいました。

続きを読む


WordPressテーマSimplicityを利用してAMPに対応させてみた

KUMALOG AMP

現在利用しているWordPressテーマ「Simplicity2」のバージョン2.4.0がリリースされたのでアップデートしました。

しばらくアップデートをサボっているうちに、テーマそのものにAMPの機能が追加されたようです。プラグインを利用しなくても簡単にAMPに対応させることができるようになっています。

AMPについては「いろいろな制約がある」ということで食わず嫌いをしていました。しかし、よく調べてみるとAMPページでもGoogle AdSenseを利用することができ、Google Analyticsも問題なく使えるということだったので、これを機にこのブログもAMPに対応させることにしました。

続きを読む