「 中島芭旺(bao) 」一覧

ビリギャル&ビリギャルママ・中島芭旺(ばお)君&芭旺ママの子育てセミナーが開催されるらしい

オーガニックサロン「きれいのたね」主催の子育てについてのセミナーが2017年1月15日に行われるようですが、その講師にビリギャル&ビリギャルママと中島芭旺(ばお)君&ばおママの名前が…。

我が子を信じて見守る。言葉にするととっても簡単ですね。それを実際に我が子に実践が出来ているひとがどれほどいるのでしょうか?それよりも、子どもが親から見守られている、信じてもらっていると感じている子はどのくらいいるのでしょうか?
日頃、多くの親子連れと接してみて、親が思う子供の幸せと子供が感じる子供の幸せが一致していることは少ないように思います。子どもを信じて見守るというのは簡単ですが実際に行動するのは本当に難しくって・・・。それでも、実践しているお母さんお二人のお話しを聞いてみましょう。

新春特別企画にもってこいの講演会です。

きれいのたね ビリギャル本人&ビリギャルママと中島芭旺(バオ)くん&バオくんママの 実践!信じて!見守る!子育ての方法を学ぶ会

続きを読む


マックスむらい氏、中島芭旺君、プロブロガー…2016年の出来事を振り返る

2016年はこのブログの転換点となった一年でした。以前は比較的真面目な路線で更新を続けてきましたが、それもなんだか飽きてきたので方針を大幅に変更。書きたいことを気の赴くままに書き散らすブログに変質してしまいました(反省はしていない)。

下品な記事が激増したのにもかかわらず、今年も多くの方々にお越しいただきました。本当にありがとうございました。

今年1年間どのような出来事があったのか、このブログの記事をベースに振り返ってみることとします。

続きを読む


「ビートたけしのTVタックル」に中島芭旺(ばお)君が出演&内容書き起こし

12月25日、意識が高すぎる11歳 中島芭旺くんが「ビートたけしのTVタックル」の4時間スペシャルに出演したようです。朝の情報番組などにはたまに出演していましたが、今回はなんとゴールデンタイム。ばお君も出世(?)したなぁ、と思います。

「TVタックル4時間特番」では今年話題になった人たちやザワつかせた人たちのその後、そしてそこから派生して注目を浴びた人たち30人を取り上げた!!

ビートたけしのTVタックル|テレビ朝日

朝の情報番組とは違った雰囲気のTVタックルで一体どのような話が出てくるのか。今後のばお君ウォッチに活かすために、その内容を書き起こしました。

続きを読む


意識が高すぎる11歳 中島芭旺(bao)君の公式ブログがオープンしていた

中島芭旺(bao)君の公式ブログ

今日から、僕はアメーバー公式ブロガーになりました。
これからは、Twitterだけじゃなくて、アメブロでも発信していきたいと思います。

「アメーバー公式ブロガーになりました」|中島芭旺オフィシャルブログ「見てる、知ってる、考えてる」Powered by Ameba

まずは、誕生日である8月29日を迎え11歳になった中島芭旺(bao)君に祝福の言葉を送ります。お誕生日おめでとうございます。

bao君については以前よりウォッチを続けておりますが、いつの間にかオフィシャルブログを開設していたようです。

続きを読む


中島芭旺(bao)君の著書「見てる、知ってる、考えてる」を読んでみた。この値段は高すぎない?

サンマーク出版「見てる、知ってる、考えてる」紹介ページ

ネットでつぶやく言葉が「深すぎる…」と話題沸騰! 10歳の男の子が書いた自己啓発本!

見てる、知ってる、考えてる | サンマーク出版

意識が高すぎる10歳 中島芭旺(bao)君が書いた「見てる、知ってる、考えてる」という本が先日リリースされました。

学校へは行かず自己啓発力磨きに全力を注いでしまい、Twitterなどでぶっ飛んだ発言を繰り返しているbao君。彼の本にどのようなことが書かれているのか気になります。

続きを読む


今こそ、意識が高すぎる10歳 中島芭旺(bao)くんに注目する。~学のないTehu氏~

中島芭旺(bao)くん

イケダハヤト師はブログを捨ててnote(有料)に移り、Tehu氏は叩かれすぎて最近おとなしい。ウォッチング環境が悪化の一途をたどる今こそ、意識が高すぎる10歳 中島芭旺(bao)くんに注目すべきだと思うんです。

彼を一言で表すなら「学のないTehu氏」。

単に不登校であることを自宅学習とかオープンエンド型学習と言い張り、じゃあ何を学んでるんだ?と覗いてみれば、勉強材料は自己啓発本()。Twitterを見てみるとやたらポジティブなツイートばかり並んでいるから、自己啓発本の効果はあったようだけど、知識が追いついてない感じで笑えます。いや、彼の裏側を見てみると笑えないんだけれども。

続きを読む