ビリギャル&ビリギャルママ・中島芭旺(ばお)君&芭旺ママの子育てセミナーが開催されるらしい

オーガニックサロン「きれいのたね」主催の子育てについてのセミナーが2017年1月15日に行われるようですが、その講師にビリギャル&ビリギャルママと中島芭旺(ばお)君&ばおママの名前が…。

我が子を信じて見守る。言葉にするととっても簡単ですね。それを実際に我が子に実践が出来ているひとがどれほどいるのでしょうか?それよりも、子どもが親から見守られている、信じてもらっていると感じている子はどのくらいいるのでしょうか?
日頃、多くの親子連れと接してみて、親が思う子供の幸せと子供が感じる子供の幸せが一致していることは少ないように思います。子どもを信じて見守るというのは簡単ですが実際に行動するのは本当に難しくって・・・。それでも、実践しているお母さんお二人のお話しを聞いてみましょう。

新春特別企画にもってこいの講演会です。

きれいのたね ビリギャル本人&ビリギャルママと中島芭旺(バオ)くん&バオくんママの 実践!信じて!見守る!子育ての方法を学ぶ会

スポンサーリンク

ばお君については以下の記事を参照。
今こそ、意識が高すぎる10歳 中島芭旺(bao)くんに注目する。~学のないTehu氏~

どのような話が語られるのかはわかりませんが、ビリギャルとばお君のコントラストが興味深いです。

坪田信貴氏の著書「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」は読んでいませんが、「不良少女が一念発起して慶応義塾大学に合格した」という成功体験を持つビリギャルのお話からは多くの示唆が得られそうです。

しかし、ばお君はどうでしょうか。いろいろ理由があるとはいえ、学校には行かずに自宅学習を推進。しかも、肝心の勉強材料は自己啓発本だったりするからチョット心配。それだけならまだマシなのですが、周囲の大人たちを観察してみると、ばお君に「小さな哲学者」という肩書を与えてタレント活動を推し進めるような動きが見えてくるわけです。

ばお君はまだ11歳。無限の可能性を秘めているとはいえ、現在のばお君は非常にリスキーな生き方をしており、将来どうなるのかはまだ未知数。今のところ特段実績のないばお君の事例から、子育てに役立つ何かが得られるのか疑問です。

もし参加された方がいらっしゃいましたら、その内容を教えていただければ幸いです。