年明け早々BTC暴落!前日にイケハヤ師がビットコインを購入していた…

昨年後半から堅調に推移してきたビットコイン相場。特に昨年12月後半からの上げは凄まじく、半月足らずで800ドルから980ドルまで駆け上がりました。

2017年に入ってからもその勢いは継続し、1,100ドルをも軽々と突破。誰もが青天井相場を思い浮かべていたところ、1月5日に異変が。

スポンサーリンク

1月5日18時ごろBitfinexに謎の大量売り

Bitfinex BTC/USD – BitcoinWisdom

Bitfinexの1時間足チャート。

1月5日14時に1,166ドルの高値を付けましたが、その4時間後の18時、突如800BTCのブン投げ売りが発生。大した数量ではありませんが、オーダーが薄かったこともあり一瞬で1,100ドルから900ドルまで下落。

その後、すぐに1,100ドルまで戻しますが、この不穏な空気が他の取引所にも蔓延。これを契機に本格的な下げが始まってしまい再度下落という展開に。この記事を作成している現時点においては830ドルの価格を付けています。

暴落前日、イケハヤ師がビットコインを購入していた

この暴落前日、イケハヤ師がビットコインを購入していて大爆笑。10万円と言ってるけど93,000円やんけ。いろいろと語ってる割に9万円ちょいというケチ臭い買い方も面白いわけですが、いくら何でもタイミングが良すぎるw

正に、靴磨きの少年と株の格言通りとなってしまいました。さすがイケハヤ師、持ってますねぇ。

ちなみに、現在のイケハヤ師保有ビットコインの評価額は68,434円(0.7047117BTC×830ドル×117円)。購入から数日で27%の評価損ですw

イケハヤ師のビットコインプッシュに呼応するように、ビットコインに言及するプロブロガー()が現れ始めたようですが、お前ら遅いんだよw 周回遅れ、1周どころか2-3周遅れだよ。あそこまでBTC価格がカチ上がってからプッシュするなっての。

ビットコインをネタによからぬことを画策している連中もいる模様。そういうものは業界団体を中心に既に行われてるから。お前らの胡散臭い商売のネタにしてんじゃねーよ。いい加減にしろ。

梅木雄平氏もビットコインを購入していた…

梅木雄平氏も暴落前日にビットコインを掴んでいた模様。しかし、なぜイケハヤ師と同じタイミングなんだ…?w

注目すべきは、暴落以後も毎日5万円ずつ買い増しをしている点。「毎日っていつまで続ける気だ?」という疑問はありますが、イケハヤ師とは違って強気の買い方には感服します。