新作発表を間近に控えたASKA氏、覚せい剤取締法違反の容疑でまた逮捕?→ASKA氏は否定、誤報か?

あーあ。

歌手のASKA、本名・宮崎重明元被告(58)について、警視庁が覚醒剤を使用したとして、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕する方針を固めたことが捜査関係者への取材でわかりました。ASKA元被告は、覚醒剤を使用したなどとして、おととし、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けています。

ASKA元被告 覚醒剤使用容疑で逮捕へ 警視庁 | NHKニュース

スポンサーリンク

新作アルバム作成に取り組んでいたASKA氏

覚せい剤取締法違反により逮捕され、有罪判決を受けたASKA氏。薬物との決別を表明したのち、新アルバムの制作に取り組んでいたようです。

2014年9月に覚せい剤取締法違反罪で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けた歌手のASKA(58)が27日、自身のブログを更新し、12月下旬に新作を公開予定であることを発表した。

ASKA、新作を来月Youtubeで発表「アルバムが到達点直前にいることの喜び」 | ORICON STYLE

ASKA氏のブログによれば、ジャケットのデザインも済んでおりCDプレスの作業も間近に控えているとのことでした。また、12月の終わりごろに新曲をYoutubeで発表する予定だったようです。

プロモーションを行えない現況、みなさんには、来月の終わり頃、Youtubeにおいて、数曲発表させてください。ありがとう。

今、13曲をとおして聴きました。 – aska_burnishstone’s diary

ところが、まさかの「二度目の逮捕」

新作アルバムの発表という大イベントを控えながら、まさかの二度目の逮捕。自ら110番に電話をかけて意味不明な発言をしたのが逮捕のきっかけらしいです。

そうすると、これまで準備を進めてきた新アルバムのプロジェクトも水の泡となってしまうのでしょうか。これまでASKA氏のアルバム制作に携わってきた人たちや応援していた人たちがかわいそう。

また、ASKA氏自身は執行猶予中の身であったため、今回の罪が確定すれば執行猶予の取り消し処分が下されることでしょう。

酒井法子氏、田代まさし氏、清原和博氏…過去数々の「芸能界と薬物」ネタを見てきて思うのは「失うものがあまりにも大きいのに何故手を出してしまうんだろう、繰り返してしまうんだろう?」ということ。

一度手を出してしまうと常人では考えられない選択肢を選んでしまう…。そんなところに薬物の恐ろしさを感じてしまいます。もうこのようなニュースは見たくないですね。

続報

ASKA氏は覚せい剤陽性反応を否定

間違いですよ。

詳しくは、書けませんが、先日、僕の方から被害届けを出したのです。

はいはい。みなさん。落ち着いて。 – aska_burnishstone’s diary

陽性は、ありません。

100%ありません。
ASKA

陽性は、ありません。 – aska_burnishstone’s diary

「人が、信じられなくなってる。」
なんて、電話はしてませんよ。

ミヤネ屋さんへ。 – aska_burnishstone’s diary

逮捕状が請求された模様

その後の報道で、ASKA氏に対する逮捕状が請求されたようです。真実はいかに。

警視庁は覚醒剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、ASKA容疑者(58)=本名・宮崎重明=に対する逮捕状を取った。

【ASKAまた覚醒剤】ASKA容疑者に逮捕状 – 産経ニュース

スポンサーリンク