WordPressプラグインAutoptimizeと埋め込みGoogleトレンドの相性の悪さ

「Autoptimize」は非常に便利なWordPressプラグインで、簡単にブログの表示を高速化してくれます。読み込まれる複数のCSSとJavaScriptファイルをまとめ、さらにJavaScriptファイルの読み込みを遅らせる(scriptタグをHTMLソースの下部に配置)ことでレンダリングのブロックを回避する機能が強力です。

しかしながら、この機能はJavaScriptの読み込み位置を強制的に変更するものですので、動作しなくなるツールもあったりします。そのうちのひとつがGoogleトレンドです。

Autoptimizeのこの機能を使っていると、Googleトレンド埋め込み用のコードを貼り付けても何も表示されません。そこで、Autoptimize側でGoogleトレンドのコードを無視する設定を行いました。

スポンサーリンク

Autoptimize除外設定でGoogleトレンドを表示させる

Googleトレンドの埋め込み用コードはこのようになっています(コードの例は前回の記事より)。

<script type="text/javascript" src="https://ssl.gstatic.com/trends_nrtr/760_RC08/embed_loader.js"></script>
<script type="text/javascript"> trends.embed.renderExploreWidget("TIMESERIES", {"comparisonItem":[{"keyword":"サーチコンソール","geo":"","time":"2014-10-21 2016-11-21"},{"keyword":"ウェブマスターツール","geo":"","time":"2014-10-21 2016-11-21"}],"category":0,"property":""}, {"exploreQuery":"date=2014-10-21%202016-11-21&q=%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%AB,%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB","guestPath":"https://www.google.co.jp:443/trends/embed/"}); </script>

「trends.embed.renderExploreWidget」というオブジェクトがありますので、これをAutoptimizeの設定で除外すればOK。「Exclude scripts from Autoptimize」の欄に「trends.embed.renderExploreWidget」を追加すると除外することができます。