熊本地震直後に「ライオン逃げた」というデマを流し逮捕された佐藤一輝君に思いを馳せる

何故か佐藤一輝君のことが頭から離れない。

佐藤君とは、地震直後に「動物園からライオンが逃げた」という内容のガセツイートを垂れ流し逮捕された、自業自得ではあるがかわいそうな男である。

スポンサーリンク

問題のガセツイート

佐藤一輝君のツイート

これが佐藤君のツイートだ。

当時このツイートが流れてきたのは今でも覚えている。どう見ても熊本ではない…そもそも日本ですらないのは明らかだが、地震の被害等についての情報が錯綜している中にこんな情報が流れてきたら、間違いなくビビる。実際に私はビビった。

そして、地震から約3か月後の7月20日に佐藤君は逮捕された。「何の罪だよwww」と笑ってしまったが容疑は偽計業務妨害。佐藤君のツイートを受けて、熊本市動植物園に問い合わせの電話が殺到したようだ。

悪質なコメントを発したのは佐藤君だけではなかったが…

東日本大震災の際にも見られたが、熊本地震後においても、ネット上では心無いコメントが散見された。心無いコメントが発掘されては燃え上がり、発掘されては燃え上がり…一般人のみならずTwitterの民進党公式アカウントのようなところまで、数多くの自爆炎上事件が発生した。

モラル的には「ライオンが逃げた」よりひどいコメントが多数あったが、唯一実害を及ぼしてしまった佐藤君だけが逮捕されることになってしまった。

まだ20歳という年齢にもかかわらず、しょーもないガセネタを垂れ流したばっかりに、テレビで実名が開示されてしまうことに。その名をGoogleで検索してみると「偽計業務妨害」「逮捕」の文字が並ぶ有様になっている。

一度ネット上に流れてしまった情報はそう簡単に消えることはない。ちょっとしたおふざけがとんでもないことに繋がってしまう…そんなネットの怖さを思い知らされる出来事であった。

スポンサーリンク