MixHostへWordPressを移転、HTTP/2・PHP7・LiteSpeed Cacheを試す

mixhost

パワフルで高速なピュアSSDクラウド型レンタルサーバー
高速WebサーバーLiteSpeedを日本で初めて採用
専門知識不要でリソースの増減も自由自在

MixHost – 月額480円からの高速LiteSpeed採用クラウドレンタルサーバー

MixHostは、LiteSpeed(Apache・Nginxより高速らしい)を採用しているだけではなく、PHP7やHTTP/2にも対応している先進的なレンタルサーバー。先日このサービスの存在を知りました。

ちょうどブログのHTTPS移行を考えていたところだったので、試しに使ってみることにしました。

スポンサーリンク

MixHostの特長

  • LiteSpeed Webサーバーを採用
  • キャッシュプラグイン(LiteSpeed Cache)でWordPress高速化
  • HTTP/2対応
  • PHP7対応
  • データベースにはMariaDBを採用
  • SSL証明書が無料

ApacheやNginxよりも高速なLiteSpeed、処理速度が改善されたPHP7、そして、HTTPリクエスト・レスポンスを並列的に処理できるHTTP/2と、徹底的に速度を追求した構成となっています。WordPressについてはLiteSpeedによるキャッシュ機能を利用することで更なる高速化が可能です。

プランについてはエコノミーからビジネスプラスまでの5種類があります。

プラン料金(年額)ストレージCPUメモリ
エコノミー5,760円SSD 10GB仮想1コア512MB
スタンダード11,760円SSD 20GB仮想2コア1GB
プレミアム23,760円SSD 30GB仮想3コア2GB
ビジネス47,760円SSD 40GB仮想4コア4GB
ビジネスプラス71,760円SSD 50GB仮想5コア6GB

プランによってサーバーのスペックが異なりますが、私はディスク容量20GB・CPU仮想2コア、メモリ1GBで年額11,760円のスタンダードプランを利用しています。

MixHostへのWordPress移転とHTTPS対応

これまではバリューサーバーとバリュードメインを利用してWordPressを運用していました。サーバーもドメインもmixhostに管理してもらおうと思っていましたが、ドメインについてはバリュードメインと比較すると若干割高。そのため、ドメインはバリュードメインに置いたまま、サーバーのみMixHostに移転しました。

各種ファイルとデータベースの移動

MixHost側でドメインの設定とデータベースの作成を済ませたのちに、バックアップしておいた各種ファイルとデータベースをそのまま放り込みます。そして、wp-configのデータベース設定をMixHostに合わせると作業はほぼ終了。

あとは、DNS設定でMixHostのサーバーアドレスを指定して、ネームサーバーをMixHostが用意しているものに変更。しばらく待つとMixHostのサーバーを参照するようになります。

HTTPS(SSL)、HTTP/2対応とリダイレクト設定

HTTPSについてはこのページが参考になります。
HTTP/2のご利用方法 – MixHostサポートサイト

HTTPS対応といっても、これはMixHost側で勝手にやってくれます。どういうことかというと、ドメインを設定して待つだけで、自動的にhttpsでアクセスできるようになっています。また、httpsでアクセスすると自動的にHTTP/2での通信が行われます。

ちなみに、HTTP/2による通信が行われているかどうか、FirefoxならばHTTP/2 and SPDY indicatorというアドオンで確認することができます。Google Chromeにも同様の拡張機能があります。

httpsでアクセスできるようになったら、Wordpressの設定>一般 から「WordPress アドレス (URL)」「ブログアドレス (URL)」をhttpsのURLに変更。あとはこれまでに投稿した記事にある古いURL(http)をhttpsに変更すればOK。記事内のURLの修正はSearch Regexというプラグインを使うと便利です。

そして、ブログパーツなど外部から読み込んでいるものの中に非SSLのものがあれば、SSL対応のものに変更したり、SSL対応のものがなければ削除などの修正を行います。

最後に、httpによるアクセスをhttpsに飛ばすためのリダイレクト設定を行いましょう。MixHostのサポートサイトにリダイレクトの説明がありますが、一時的な移転を示す302リダイレクトを使用しているので避けたほうが良いと思います(Googleでは現在302も301と同様に取り扱っているそうなので気にしなくていいかもしれません)。私は.htaccessに以下のように記述をしています。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://kumalog.com/$1 [R=301,L]
</IfModule>

[追記]HTTPS移行後にやるべきことをまとめたのであわせてご覧ください。
ブログ(WordPress)のHTTPS移行後にやるべきことリスト

LiteSpeed Cacheの利用

LiteSpeed Cacheについてはこのページが参考になります。
WordPressでLiteSpeed Cacheを使用して高速化する方法 – MixHostサポートサイト

LiteSpeed Cacheを利用するための方法は2通り。.htaccessを変更する方法とWordpressのプラグインをインストールする方法。私は.htaccessを変更する方法を選びました(.htaccessを編集する方法のほうがパフォーマンスが良いようです)。

WordPressが設置されているディレクトリの.htaccessの先頭に以下の内容を追加すると、LiteSpeed Cacheによるキャッシュが行われるようになります。

<IfModule LiteSpeed>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Mobile|Android|Silk/|Kindle|BlackBerry|Opera\ Mini|Opera\ Mobi [NC]
RewriteRule .* - [E=Cache-Control:vary=ismobile]
RewriteCond %{REQUEST_METHOD} ^(HEAD|GET)$
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/(wp-admin|wp-login.php|wp-cron.php)
RewriteCond %{HTTP_COOKIE} !wordpress_logged_in_
RewriteRule .* - [E=Cache-Control:max-age=120]
</IfModule>

最終的に.htaccessはこうなりました

WordPressが設置されているディレクトリの.htaccessは最終的にこうなりました。冗長な書き方になってますが、参考まで。

<IfModule LiteSpeed>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Mobile|Android|Silk/|Kindle|BlackBerry|Opera\ Mini|Opera\ Mobi [NC]
RewriteRule .* - [E=Cache-Control:vary=ismobile]
RewriteCond %{REQUEST_METHOD} ^(HEAD|GET)$
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/(wp-admin|wp-login.php|wp-cron.php)
RewriteCond %{HTTP_COOKIE} !wordpress_logged_in_
RewriteRule .* - [E=Cache-Control:max-age=120]
</IfModule>

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://kumalog.com/$1 [R=301,L]
</IfModule>

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

速度に大満足、問い合わせ時の返答も早い

LiteSpeedのおかげなのかPHP7のおかげなのかはわかりませんが、特に違いを感じるのがWordpressの管理画面。これまではもたつく感じがありましたが、サクサク動いてくれて快適。

ブログの表示も以前と比べてかなりスムーズになりました。これはHTTP/2が効いているのでしょうか。画像の数が多くてもあっという間に読み込んでくれます。

問い合わせ時の返答もものすごく早いです。しょうもない問い合わせをいくつか行ってしまいましたが、1時間後、さらには20分後に返事が返ってくることもありました。お手数をおかけして申し訳ありません。助かりました。

高負荷時にどうなるのかは今のところ不明ですが、楽に上位プランへの移行ができるようなので、しばらくはこのままスタンダードプランを利用し続けようと思います。

[追記]CPUとi/oの負荷制限が大幅に緩和され、以前と比べ物にならないくらい快適に動作するようになりました(以前はi/oの負荷制限により、レスポンスが遅くなることがありました)。本当にありがとうございます。