5ヶ月間の転職活動を振り返る ~良かったこと悪かったこと

前職を退職して熊本に戻ってきてからもうすぐ5ヶ月。熊本と福岡エリアを対象に転職活動を行っておりましたが、ようやくゴールが見えてきました。しかし、さすがに5ヶ月は長すぎた。暇で暇でしょうがないし、だんだんと物事への意欲が削がれてくる。とはいえ、悪いことばかりではなく良いこともありました。

スポンサーリンク

前職について

これまで会計・税務を中心に勉強を行ってきたこともあり、その知識を活かせるような仕事を探していたところ、縁あって前職である税理士事務所に入職しました。そこでは、様々な仕事を任されまして、短い期間でしたが良い経験を得ることができました。

色々と良くしていただいた事務所でしたが、諸事情あって退職し熊本に戻ることに。

ハローワークでの求職申込みと雇用保険受給申請

退職したら、まずはハローワークへ。求職申込みも大切ですが、さらに重要なのが雇用保険受給の申請でございます。

自己都合退職の場合、「雇用保険の失業給付が受けられるようになるまで3ヶ月の待機期間がある」ということは事前に知っていました。ところが、実際には、申請をしてから失業給付についての説明会に出席し、1回目の失業認定を終えたところを始点として3ヶ月をカウントする、というものでした。説明会や失業認定はいつでも受けられるものではありませんので、実際には失業給付を受けるまでの期間は、申請から4ヶ月と考えたほうが良さそうです。

失業給付で生活しようなどと考えていたら間違いなく死にますので注意を。

仕事探し

転職エージェントの利用

次も税理士事務所への就職を考えましたが、かねてから関心があったIPOを目指すベンチャー企業の求人を中心に探すことにしました。しかし、そのような求人がハローワークには全くありませんでした。そこで、良い求人が集まっているという転職エージェントの利用を始めることに。リクルートエージェントやDoda(インテリジェンス)、enエージェント・・・などなど。

確かに良い求人はかなりありました。ただ、転職エージェントを利用する会社って結構厳しいんですね。一般の会社での経理業務経験が無いという理由が多かったですが、書類選考でボコボコ落とされる。税理士試験科目合格が効いて面接まで進んだ会社もありましたが、社内の雰囲気がよろしくなかったので辞退する結果に。

また、上記の転職エージェントとは別のエージェントですが、志望度の低い会社に応募するハメになってしまうこともありました。というのも、エージェントの方が営業熱心(しつこいとも言う)で断りづらく、全くやる気がないのにもかかわらず応募・面接に至ってしまったことが何度も・・・。

とはいえ、仕事を探す際には転職エージェントを利用して損はないかなと思いました。特筆する資格やマネジメント経験などがあれば、有効に活用できるのではないでしょうか。

結局、税理士事務所路線に変更

転職エージェント経由で結構な数の会社を見ましたが、冷静に考えてみると税理士事務所のほうが待遇が良いということに気づきまして、結局税理士事務所路線に変更することに。税理士事務所の仕事も好きですし。運良く良い税理士事務所の求人が見つかり応募したところ、採用を前提とした最終面接まで進むことができました。

税理士試験科目合格を活かして、初っぱなから税理士事務所路線で行けば良かったんですよねぇ。税理士事務所路線に切り替えてまだ2~3週間しか経っていません。一般企業の経理職を対象とした就職活動に費やした4ヶ月は何だったのかと、少し後悔。

どんな仕事をしたいのか考えられたのは良かった

5ヶ月の期間をかけてしまい若干の後悔はありますが、様々な一般企業を見ることができたのは良かったなぁと思います。一般企業での仕事について知ることができましたし、その結果、納得して税理士事務所でもう一度働こうと思えたのは、大きな収穫でした。

それと、あたりまえですが就職活動は余裕(時間的にも金銭的にも)を持ってやるべきですね。余裕がないと「早期の就職」を重視しなければならないので、応募する会社の選定がおろそかになります。転職する場合には、在職中に次の職を探すべきですね。・・・とか言いながら、私はのんびりしていましたけれども。

余談:無職期間中困ったこと

余談ですが、やっぱり「無職」って聞こえが悪いんですよねぇ。久しぶりに友人に会ったとき、どうしても「おう!久しぶり!今何してんの?」って聞かれるじゃないですか。私自身、無職であることはそれほど気にしていませんでしたが、答えを聞いた友人の少し困った顔を見るのは嫌でした。

また、お金が爆速で減っていく。無職だからあまりお金は使わないようにしましたが、クレジットカードの支払いや奨学金の返済、住民税、国民年金保険料などなど、収入がないから恐ろしいスピードで預金が減っていきます。本当に恐怖でした。

このような生活ももうすぐ終わりなので、残りの無職期間を有意義に過ごせるようがんばります。

スポンサーリンク