Googleのキャッシュを利用して503エラーのページを無理矢理見る方法

Service Temporarily Unavailable

「Service Temporarily Unavailable」というエラーメッセージが表示され、見たいページにアクセスできない。パソコンを使っている人ならば、誰しも経験したことのある瞬間ではないでしょうか。

このエラーは503エラーと呼ばれ、アクセスが集中してサーバーが高負荷状態になっていたり、サーバーがメンテナンス中の場合に起こります。つまり、503エラーはサーバー側の問題であり、ページの閲覧者は「待つ」ことしかできません。

しかし、Googleのキャッシュを利用することで、見ることができなくなっているページを見ることができるかもしれません。

スポンサーリンク

Googleのキャッシュを見る方法

「cache:見たいページのURL」でGoogle検索

Googleのキャッシュを表示させるためにはいくつかの方法がありますが、もっとも簡単なのが「cache:見たいURL」とフォームに入力して検索する方法です。検索した瞬間に指定したURLのキャッシュを表示してくれるはずです。

他のエラーでも応用可能

今回はもっとも遭遇確率が高いであろう503エラーを例に挙げましたが、その他のエラーによって見ることができないページにも応用することができます。

また、見たいページが削除され404や410エラーを吐き出していたとしても、削除された日が最近ならばキャッシュが残っているかもしれません。キャッシュを確かめてみる価値はありますよ。

スポンサーリンク