iPhoneのSafariを多機能にする脱獄(Jailbreak)アプリ

safari

iPhoneのブラウザについて、以前はiLunascapeやDolphin Browserを使っていたのですが、他のアプリとの連携を考えるとやはりSafariが最強だということが判明。今ではSafariを常用してます。

デフォルトのままでは少し使いにくいSafariですが、脱獄(Jailbreak)アプリによって機能を拡張することでとても使いやすいブラウザになりますよ。

というわけで、今回は現在私が使っているSafari拡張脱獄アプリを紹介します。

スポンサーリンク

現在使っているSafari拡張アプリ

AdBlocker

アフィリエイト等の広告を非表示にするアプリ。
パソコンでブラウジングしているときにはあまり広告は気にならないのですが、iPhoneでは意図せざるタップをしてしまうことが多々あるので導入しています。

GridTab for Safari

iPadのようにSafariのタブをグリッド表示にします。これがチョー便利。

No Bookmarks

通常、Safariを開いた場合ブックマークが表示されてしまうのですが、これを抑えるアプリ。

使用を見送ったアプリ

Tab+

Safariのタブを無制限に作ることができるアプリらしいのですが、タブを大量に必要とするシチュエーションってある?

FullScreen for Safari

これはSafariでフルスクリーン表示を可能にするアプリらしいです。これは単に食わず嫌い。使ってみたら便利かも。

Home Page in Safari

このアプリはNo Bookmarksに似たアプリで、違うのはホームページを設定できるという点。Yahoo!などを設定すると便利かな。

Pull to Refresh Safari

Safariの画面をプルダウンすることでページを更新することができるアプリ。誤更新することがあったので使っていません。

Covert

Firefoxのプライベートブラウジングみたいな機能を実現できるアプリ。

他の脱獄アプリも紹介しています

Safari拡張以外のJailbreakアプリも紹介しているので、コチラもご覧ください。
現在使っているiPhone Jailbreak(脱獄)アプリ(2013年2月版)