現在使っているiPhone JailBreak(脱獄)アプリ備忘録

cydia

iPhoneやiPad、iPod touchにインストールすることができるアプリは、通常Appleが認可したアプリだけでであり、App Store経由でインストールしなければなりません。

ところが、JailBreak(通称「脱獄」)を行うことで、Appleが認可しないアプリをインストールすることができるようになり、通常では利用することができない便利な機能を付加させることができます。

そこで、今日は私が現在使っているJailBreak(脱獄)アプリを紹介します(備忘録も兼ねて…)。

新たな記事を書いたので、こちらもあわせてご覧ください。
現在使っているiPhone Jailbreak(脱獄)アプリ(2013年2月版)

スポンサーリンク

以下のアプリをゲットするために必要なリポジトリ

デフォルトのリポジトリ+このリポジトリで、以下の全アプリをインストールすることができます。
http://hitoriblog.com/apt/

ちなみに、以下のリポジトリを利用すると本来有料のアプリが無料で使えちゃったりするのですが、そういうことはやめましょう。
http://www.sinfuliphonerepo.com/
http://repo.hackyouriphone.org/

現在使っているJailBreak(脱獄)アプリ

SBsettings

定番アプリ。ステータスバーをスワイプ(初期設定)することで、Wi-Fi、機内モード、3G、データ通信、Bluetooth、画面の明るさなどを簡単に変更することができる。

他のアプリにより機能を追加することが可能。

SBsettings tethering toggles

SBsettingsにテザリングON/OFFの機能を追加することができる。テザリングについては後述のTetherMeを参照。

KillBG

SBsettingsでバックグラウンドで待機しているアプリを閉じることができる。

Autolock sbsettings

SBsettingsでオートロックのON/OFF切り替えができる。

Activator

「ステータスバーダブルタップ」や「ホームボタン長押し」などの様々なアクションとアプリ起動などの機能を関連づけることができる。頻繁に使うアプリを登録しておくと便利。

ちなみに、SBsettingsをインストールすると勝手に付いてくる。

Action Menu

「カット」「コピー」などのコピペ機能を拡張してくれるアプリ。「全選択→コピー」の作業を1アクションで行うことができる「Copy All」が非常に便利。

TetherMe

iPhone純正のテザリング機能を使えるようにするアプリ。キャリア側で封印されているテザリング機能を解放。

Afc2add

このアプリをインストールすることで、i-FunBoxでiPhone内のすべてのファイルにアクセスできるようになる。

AppSync for iOS x.x

脱獄アプリをPC(iTunes)からiPhoneにインストールすることができる。

Aptbackup

再JailBreakした場合、すでにインストールしていた脱獄アプリは消えてしまうが、AptBackupを使って脱獄アプリをバックアップしておけば、簡単にもとの状態に戻すことができる。

…はずなのですが、AptBackupを使って正常に復元できた試しがないのであんまりアテにしてませんw

AskToCall

誤爆防止アプリ。通常は連絡先アプリなどの電話番号をタップすると即通話状態になってしまう。AskToCallをインストールすれば、通話するかどうか聞いてくれるため、間違って電話をかけてしまうミスが防止できる。

AskToSend

こちらも誤爆防止アプリ。SMS/MMSで「送信」をタップした場合に本当に送信するかどうか聞いてくれるため、誤送信を防ぐことができる。

Cydelete

通常のアプリを削除する手順(アプリアイコン長押し→「×」をタップ)と同様の方法で脱獄アプリを削除することができる。

PlayAwake

iPodの音楽をアラーム音として設定することができるアプリ。

Fast Copy

テキストのコピー・ペースト時のもたつきを抑えてくれるアプリ。

Five icon dock

ホーム画面のDockのアイコン数を5つにすることができる。

FlashLight

iPhoneのディスプレイを利用したライト(白い画面+明るさMAX)。iPhone4にはLEDライトが付いているため不要。

Lockinfo

ロック画面にカレンダーや天気など、様々な情報を表示させることができるアプリ。

MarkThatMessage

SMS/MMSのすべてのメッセージに送信時間・受信時間を表示させることができる。

MultiCleaner

マルチタスクバー(ホームボタン2度押し)の挙動を細かく設定することができるアプリ。私は主にアプリの履歴を消すために使ってます。

NTPdate

時刻調整アプリ。

NoCyfresh

Cydiaの自動リロードをOFFにすることができるアプリ。

NoSpot

スポットライト検索をOFFにすることができるアプリ。

PrivaCy

App Storeのアプリに含まれていることがある統計情報通信アプリを遮断することができるアプリ。アプリの使用状況が勝手に送信されるのが気持ち悪いので使用。

QuickReply For SMS

SMS/MMSで受信したメールに即座に返信することができるアプリ。SMS/MMSアプリを起動させずに返信可能。

SilentPatcher(TrueSillent)

カメラ・スクリーンショットのシャッター音を消すことができる。

Safariの機能を拡張Jailbreakアプリも紹介しているので、コチラもご覧ください。
現在使っているMobile Safari拡張脱獄(Jailbreak)アプリ | KUMALOG