音声認識によってテキスト入力・Twitterへの投稿・検索ができるiPhoneアプリ『Dragon Dictation』『Dragon Search』

iPhoneアプリ『Dragon Dictation』iPhoneアプリ『Dragon Search』

iPhoneの音声認識アプリ『Dragon Dictation』『Dragon Search』がなかなか便利だぞ、と話題になっております。

『Dragon Dictation』は音声認識によって入力したテキストをメールやTwitter、Facebookへの投稿に使うことができるアプリ。もう一方の『Dragon Search』は音声認識したキーワードから、GoogleやYouTube、Wikipediaなどでの検索ができるアプリです。

フリック入力は慣れるとかなりの速度で文字を入力することができますが、それでもやっぱり話す速度には及びません。音声認識の精度が高ければ、ものすごく便利なアプリだよなぁ、という期待をもっていろいろと試してみました。

スポンサーリンク

音声認識iPhoneアプリ『Dragon Dictation』『Dragon Search』

公式ウェブサイト
Dragon Dictation, Dragon Search Apps from Nuance

ダウンロードは無料ですよ!
iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 Dragon Dictation
iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 Dragon Search

『Dragon Dictation』を使ってみた

音声認識の精度はなかなか良い

音声認識でテキスト入力修正も可能

結論から言うと、音声認識の精度はなかなか良いです。滑舌良く喋る必要がありますが・・・。

入力したテキストにおかしい部分があった場合には、その部分をタップしましょう。そうすると、他の候補が表示されるので、正しい言葉を選択しましょう。もちろん、キーボードでの修正も可能ですよ。

Twitterに投稿してみた

TwitterやFacebookにも投稿可能

画面右下のボタンを押すことで、入力したテキストをSMSやメール、Twitter、Facebookで利用することも可能です。というわけで、試しにTwitterでつぶやいてみました。そのツイートは以下の通り。

ドラゴンディクテーションなうless than a minute ago via Dragon Dictation

『Dragon Search』を使ってみた

Google検索YouTube検索

さて、次に入力したテキストから様々なサービスでの検索ができる『Dragon Search』を使ってみました。対応しているサービスは以下の通り。

  • Google/Yahoo! ウェブ検索
  • Wikipedia
  • Twitter
  • Youtube
  • iTunes

検索するサービスはスワイプで変更することができ、これがなかなか便利。音声入力を抜きにしても便利だなぁ、と思ったほどです。オススメです。

[PR by ブログタイムズ]