iPhoneやiPadでHTMLのソースを見るブックマークレット『i-sourceview』

iPhoneやiPadでHTMLのソースを見るブックマークレット『i-sourceview』

i-sourceviewというのをGAE/Pythonでつくってみました。

iPhoneやiPadでHTMLのソースを見るのつくった – Webtech Walker

iPhoneやiPadのSafariでHTMLのソースを見ることができるブックマークレットが便利そうだったのでメモ。

他にもこういうブックマークレットが存在した気がしますが、今回紹介するものはシンタックスハイライトの機能があるのでオススメです。

スポンサーリンク

i-sourceviewの登録はコチラから

i-sourceview

使い方など

i-sourceviewにはJS版とServer版の2タイプがあります。JS版とServer版の特徴は以下の通り。

JS版

  • JSのdocument.documentElement.outerHTMLでHTMLを取得する
  • JSでDOMが書き換えた後のソースが取れる
  • XML宣言やDOCTYPE宣言が取れない
  • 認証がかかっているページも見れる

Server版

  • Server側からHTTP RequestでHTMLを取得する
  • JSでDOMが書き換えられていない元のソースが取れる
  • XML宣言やDOCTYPE宣言なども取れる
  • 認証がかかっているページを取れない
  • 自ドメイン(i-sourcview.appspot.org)のドメインのソースが取得できない(GoogleAppEngineの制限により)

好きなほうを使いましょう・・・というか、どちらも登録しておけば良いですよね。

ブックマークレットの登録方法はウェブサイトに載ってるので、それを参考にしてください。