Windowsの時刻の同期間隔を変更する方法

WindowsXPの時刻の同期間隔を変更する方法のメモ書き。XP以外のバージョンでも有効であるかどうかは不明。

スポンサーリンク

Windowsの時刻の同期間隔変更の手順

レジストリの操作を行うため、事前にバックアップを取っておくと安心です。
レジストリのバックアップと復旧の方法

レジストリエディタを開いて、以下のキーを開きます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\W32Time\TimeProviders\NtpClient

次に、SpecialPollIntervalを開いて、値を変更します。

表記を10進にして、同期間隔を秒数で指定。私は6時間(21600秒)に設定しました(以下の写真については、スクリーンショットを撮る際に失敗してしまったようで604800秒になっています。ごめんなさい)。

変更が終わったらWindowsを再起動して、日付と時刻のプロパティ内のインターネット時刻タブの「次回の同期」を確認しましょう。

あわせてNTPサーバーの変更も

デフォルトのNTPサーバーはダメダメなので、変更することをおすすめします。
Windowsの時刻の同期をスムーズに済ませる

スポンサーリンク