ファイルをコピーするだけでWindowsXPの再アクティベートを回避

windowsxp

「パソコンがおかしいけど、何をしても直らない・・・。これはOSを再インストールするしかないのか・・・。」

パソコンを使っているなら、一度はこんな状況に陥ったはず(たぶん)。ファイルのバックアップや、ソフトウェアのインストール、ドライバのインストールなど、やることが多すぎて嫌になっちゃいますよね。

そんな面倒なOSの再インストールを少し楽にする方法を見つけたので紹介。内容はタイトルにもありますが、「ファイルをコピーするだけでWindowsXPの再アクティベート(ライセンスの再認証)を回避する」というものです。

認証作業はそれほど面倒なものではないのですが(電話認証は面倒だけど)、覚えておいて損は無さそうです。

スポンサーリンク

ファイルを1つコピーするだけでWindowsXPの再アクティベートを回避する術 : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア

再アクティベート回避の方法

WindowsXP再インストールの前に、Windowsをインストールしているドライブ(通常Cドライブ)>WINDOWS>system32の中のwpa.dblをUSBメモリなどにコピーしておく。

WindowsXP再インストール後、セーフモードでパソコンを起動して保存しておいたwpa.dblをsystem32フォルダに移すだけ。

スポンサーリンク