Google AdSenseのフィルタ掃除に使える『リンク切れチェックアシスト』

リンク切れチェックアシスト

Google AdSenseを利用しているウェブサイトやブログの運営者なら、誰もが悩むゴミ広告の問題。見つけ次第フィルタ送りにしていたりすると、すぐにフィルタの上限200に到達してしまいます。

そんなときに便利なのが『リンク切れチェックアシスト』。このツールは、テキストファイルにしたフィルタのリストをアップロードすると、死亡しているURLを簡単にチェックすることができます。

スポンサーリンク

リンク切れチェックアシスト

使い方は簡単。まずは、Google AdSenseのフィルタリストのテキストファイルを作って(メモ帳に貼り付けて保存)アップロード。注意する点は、ファイル名には英数字とハイフンしか使えないことです。

ファイルをアップロードすると、ウェブサイトのリストがサムネイルつきで表示されます(「NOW CAPTURING」のサムネイル画像がある場合にはリロードしてみてください)。キャプチャ画像が真っ白、あるいは「Error」の文字が表示されているサイトは大抵死んでいるので、「リストに残す」のチェックを外しましょう。

確認が終わったら、ページ下部の「ファイルを出力する」をクリック。修正後のフィルタリストが表示されます。