KUMALOG

Windowsのシャットダウンが遅いときには『User Profile Hive Cleanup Service』を使ってみよう

スポンサーリンク

User Profile Hive Cleanup Service

「Windowsをシャットダウンしています」

見ての通り、これはWindowsをシャットダウンするときに表示されるメッセージですが、この画面のまま止まってしまってシャットダウンできない、ということはありませんか?

私のPCは、たびたびこの状態に陥ってしまって、その都度電源ボタンを長押しする・・・という状況でした。なんだか気分が悪いですよね。

この現象について検索してみたところ、Microsoft純正の『User Profile Hive Cleanup Service』というソフトウェアを見つけたので紹介します。

ダウンロードの詳細 : User Profile Hive Cleanup Service
※対象OSはWindows XP、Windows Server 2003、Windows 2000です。

Microsoftの説明によると、シャットダウンできない原因のひとつに以下の場合があるとのこと。

ログオフ時にシステム プロセスやアプリケーションが、ユーザー プロファイルのレジストリ キーへの接続を解放しない場合があります。このような場合、ユーザー セッションが完全に終了できません。

この『User Profile Hive Cleanup Service』がどのように働くかというと、

User Profile Hive Cleanup Service は、この問題を解決するために、ログオフ時にレジストリ ハイブがロードされたままになっているユーザーを監視します。レジストリ ハイブがロードされたままになっている場合、このサービスは、ハイブを開いたアプリケーションを特定してハイブを強制的に解放します。またアプリケーション名と開いたままになっていたレジストリ キーをログに記録します。これにより、システムがプロファイルをアンロードできるようになります。

だそうです。

ちなみに、私のPCは『User Profile Hive Cleanup Service』を導入してから、スムーズにシャットダウンしてくれているようです。この状態が続くことを祈ります。

[追記]この状態は続きませんでした・・・。どうやら、シャットダウン時に止まってしまうのはアンチウイルスソフト『avast!』が原因だったようです。ということで、『AVG』に移行。今のところ快調です。

スポンサーリンク